HOME > 阿波和紙伝統産業会館 > 概要

和紙会館 概要

館内案内

和紙会館 作業場

作業スペース

この作業スペースは、主に紙漉き職人が作業をする場所として使用しています。いろいろな紙の寸法に対応するため、大小さまざまな簀と桁を使って紙漉きを行っています。小さいものなら名刺のサイズから、大きいものは2mを越えるものまであります。またこのスペースは紙漉職人の養成と研修も兼ねて使用されています。

和紙会館 紙漉体験スペース

体験実習スペース

この実習スペースは来館者でご希望の方が手漉き和紙を漉くことができる体験実習の場です。小学生から大人の方までたくさんの方が手漉き体験をしてくださっており、ハガキや半紙を漉くことができます。
また、徳島名産の藍を使い、藍染めの体験もできる設備もあります。
→紙漉き体験のご案内

展示室 多目的ホール

展示室 多目的ホール

ギャラリーとして一般に解放している第1・第2展示室と、和紙に関する図書閲覧ができる多目的ホールがあります。
第1展示室では和紙にちなんだ作品の展示や、カルチャー教室での先生、生徒さんの作品展などが催されています。

デザイン室

デザイン室

過去のビジティングアーティストに関する資料の保管と、
ビジティングアーティストの制作の場としても利用されています。
→ビジティングアーティストについて

ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

原料や用途による紙質の違い、他素材の漉き込みや染めなど、さまざまな個性と魅力を持った紙、またそれらを使ったステーショナリーやインテリアなどの日常生活品を集めて展示即売をしています。ミュージアムショップの商品はアワガミオンラインストアでもご購入いただけます。
→アワガミオンラインストア

ご利用案内

開館時間 午前9:00〜午後5:00
休館日 毎週月曜日(祝祭日の場合は火曜日)
入館料 一般300円/学生200円/小中学生 150円
20名以上の団体になると、それぞれ2割引になります
住所 徳島県吉野川市山川町川東141 (→アクセスマップはこちら
展示について 基本的に、1〜2ヶ月で展示の内容を入れ替えています。
その他 その他施設利用に関する詳しいご案内はPDF書類に記載しています。
→阿波和紙伝統産業会館の利用規程(PDF)